高子のブログ432Hz528Hzの力

まずは、本日高子が読んだブログや記事のご紹介

見える人が教えてくれる愛のメッセージ。

見えない世界が、見える人

というのがいるんですね。

いわゆる

第六感

シックスセンス

と言ったらいいのでしょうか?

感じるチカラにたけている方で

相手と逢ったり、相手の声を聞いたり

または、目の前の人を通じて、

その人の周りにいる人の状況が

わかってしまう特技があるのです。

さらに言うとその人の過去生や

このまま進むと未来はどうなるのか?

という可能性なども

まるでスクリーンを見ているかのように

わかってしまう人っているんです。

生きざまを見せることで誤解を解く

小林正観さんの心に響く言葉より

忠臣蔵ちゅうしんぐらの四十七士しじゅうしちしの中に神崎与五郎かんざきよごろうという人がいます。

彼は浪人になってから美作屋善兵衛みさくやぜんべえと名乗り、吉良きら家の内情を探っていました。

ある日、屋台で隣り合わせた町人にあんたは、元はおさむらいだね。どこの国の人だねと尋ねられた与五郎は、播州赤穂だと答えました。

当時は浅野家の家臣たちがあだ討ちをするのではないかというのが町の噂うわさになっていて、町人もきっとやってくれるんだよなと与五郎にからみます。

むろん討ち入りの準備は進んでいました。

しかし、四十七士には決して計画を人に話さないという誓いがありますから、いや、主君のあだ討ちなど、誰もそんなことは考えていないと答えるしかありません。

意気地いくじのない話だと彼の名前を聞いた町人は、お酒の勢いもあり、与五郎の頭に冷や酒をドボドボかけ、それこそ寒酒もよかろう神崎与五郎だという言葉を残して店を出ていきました。

その後、吉良邸に討ち入って切腹を命じられた四十七士の中にはもちろん与五郎もいました。

町人は墓前に頭をこすりつけて謝り、一生彼の墓の世話をしたそうです。

生きざまを見せることで与五郎は誤解を解き、町人にわかってもらったのでした。

誤解されているときには、これからの生きざまを見せることで誤解を解く。いつかはわかってくれると信じられれば、弁解や言い訳がずいぶん減っていく。

7つのチャクラに意識を合わせるドレミファソラシの周波数

去年、7つのチャクラの位置に意識が向かう周波数をアップしておりましたが、

改訂版を作りました。

船瀬図書館

そろそろ真実に目覚めよう!何故日本にはタブーが多いのか

船瀬図書館

公害物質の処理に、腸内細菌が大いに関係している。

船瀬図書館

未来の子供たちのために滅びの道から永久の道へ

高子

最近432Hzや528Hzを聞いています

432Hzの周波数は、水や宇宙の周波数であり、癒しや免疫力アップの効果があるそうな

528Hzには、DNA修復の効果があります。

凄い効果があるのは、間違いないようで、意図的にこの周波数の曲を消し去ろうとする動きもあるようですジョンレノンさんとかも一つの例

詳しくはこちらのブログをご覧くだしゃい

高子もお掃除する時や寝る時に、聞いてます