寝ぼけたアタマで考えたこと

 ある社会的な事象について、二つ以上の説得力のある分析に接した場合、あからさまにそれが対立しているとかでないとすれば(事実がどうであるかに関係なく)、その二つの理由が並立していると考えるのが普通なのか、はたまたどちらかが間違っていると考えるのが普通なのか。

・・・ここまで考えて「なんか血液型占いみたいだな」と思いついたので考えるのをやめて二度寝することにしますのです、まる。もしかしたらあとでここに別の日記とか継ぎ足すかもしれません、枕としては面白い話のような気もするのでw